目黒区緑が丘の漢方治療・糖尿病治療をしている内科の医院です。東洋医学と西洋医学を融合した東西医学で皆様の健康をお守りします。

糖尿病Q&Aブログ

このブログの説明内容は、わかりやすく説明するために厳密には多少間違っていることもありますがご了承ください。


Q
血糖値とは何ですか?
A
食べ物を食べると、(食べ物が)分解されたりして血管の中に入り(吸収され)、糖(ブドウ糖)として(血管に)存在します。
この食べて吸収された血管の中の糖の濃さが血糖値です、糖尿病の人はこの血糖値が通常より高いのです。

Q
糖は、どうやって減る(血糖値が下がる)のか?
A
糖は栄養分で、この糖は筋肉の栄養として必要なものです。つまり、糖を血管内から筋肉に橋渡しする必要があります。この血管内の糖を筋肉に橋渡しするのがインスリンです。
つまり、インスリンが血管内から筋肉に糖を橋渡しすれば血管内の糖は減って(血糖値は下がって)筋肉に栄養が行く事になります。

Q
どうして血糖値が高くなるのか?
A
インスリンは、胃の裏側(背中側)にある膵臓から出てきます。
(1) もし、このインスリンの出が少なかったらどうなるでしょうか?
→血管の中の糖は余ってしまって(血糖値は高くなって)筋肉に橋渡しできなくなりますね。

(2)インスリンが十分出ていてもインスリンの効きが不十分だとどうなるでしょうか?
→(1)と同じで、血糖値が高くなりますね。

つまり、インスリンの出が悪いか、効きが弱いか、どちらかが原因で血糖値が高くなり、糖尿病になるのです。

ついでに、糖尿病の人は、悪くなると痩せることがありますが、これはインスリンが少なくて(又は効かなくて)筋肉に(糖という)栄養が行かなくなり、体の脂肪を分解して栄養にしようという反応が起こるためです。
曽野医院
〒152-0034東京都目黒区緑が丘1-22-3
TEL:03-3723-2886
Copyright(C)曽野医院. All Rights Reserved.