目黒区緑が丘の漢方治療・糖尿病治療をしている内科の医院です。東洋医学と西洋医学を融合した東西医学で皆様の健康をお守りします。

メタボリック症候群と言われたら

最近よく耳にするメタボとはどういう意味かわかりますか?
ただ単に、中年太りのようにおなかが出ている人のことだと思っていませんか?

正確には、太っているだけではメタボとはいいません!

メタボとは、太ってしまって血糖値や中性脂肪や血圧が高くなり、その結果心筋梗塞や脳梗塞になってしまうリスクの高い人のことです。
つまり、太ったことと、血糖値や中性脂肪や血圧が高いのとが両方組み合わさった人がメタボで、組み合わさると心筋梗塞や脳梗塞になる確率が高くなります。(逆に解釈すると、心筋梗塞や脳梗塞は血糖値等が高いとなりやすい、血糖値等が高くなりやすいのは太った人、ということです)

メタボかどうかを知るには、まずウエストが何cmかを測って肥満を評価し、血糖値や善玉コレステロール値、中性脂肪値、血圧がどの位かを見て決めています。メタボであれば、食生活の見直しや運動による減量が必要となります。血糖や悪玉コレステロール・血圧の数字の高さによっては薬も併用しながら食事・運動療法を行う必要がある場合もあります。

メタボと診断されたら、心筋梗塞や脳梗塞にならないようしっかり治療しましょう。
曽野医院
〒152-0034東京都目黒区緑が丘1-22-3
TEL:03-3723-2886
Copyright(C)曽野医院. All Rights Reserved.