HOME > 医師コラム > コレステロールが高い!! どうなる? 薬を飲まなくても下がる人は?①

コレステロールが高い!! どうなる? 薬を飲まなくても下がる人は?①

薬を飲まなくてもコレステロール値を下げられる人について、一度に説明すると話が長くなるので、2回に分けます。今回は本題の説明ではありません。

今回はコレステロール値に異常があるとどうなるのかを説明します。本題は次回のコラム(コレステロールが高い!! どうなる? 薬を飲まなくても下がる人は?②)でまた説明します。

 

 

 


<健診でコレステロール値が高いと指摘された無症状のAさんBさん、二人とも薬をすすめられました>

 

Aさん

→すすめられた薬を内服、その後数値が下がって、以後も継続

 

Bさん

→薬は飲みたくないので内服せず、食事・運動で改善しないけれども、その後も薬は拒否


【問題】

AさんとBさんは今後どうなると思いますか?

【答】

Aさん→コレステロールが正常になったので脳梗塞・狭心症・心筋梗塞を発症するリスクが減る

Bさん→コレステロールに異常があるので脳梗塞・狭心症・心筋梗塞を発症するリスクが増える

 

上の答えの通り、コレステロール値に異常があると、無症状でも将来脳梗塞・狭心症・心筋梗塞を発症するリスクが増えるのです。つまり、薬を飲んででも下げていればリスクが減るのです。

 

以上から、無症状で生活に何の支障がなくてもコレステロールを下げる理由は、将来の心筋梗塞や脳梗塞発症を予防し、それにより健康寿命も長くするためとも言えます。

 

実際に、昔大きな病院に勤務していた時の経験上、心筋梗塞になって救急車で運ばれてくる人の多くは、コレステロールをしっかり治療していない人でした。

 

Bさんは薬を拒否して内服せず、食事・運動療法をしてもコレステロール値は改善しませんでした。Bさんは薬を飲まないとコレステロールを下げられない人だったのです。では、薬を飲まなくても下げられる人と下げられない人との違いは?

それは次回のコラムで説明します。

 


(補足)

脳梗塞・狭心症・心筋梗塞発症の原因はコレステロールだけはありません。

コレステロール以外の発症の原因の主なものをいくつか書いておきます。

肥満・高血圧・糖尿病・喫煙なども発症の原因になります。これらの原因が複数当てはまる人はリスクがより多くなるため、しっかり治療する必要があります。