HOME > 医師コラム > コレステロールが高い!! どうなる? 薬を飲まなくても下がる人は?②

コレステロールが高い!! どうなる? 薬を飲まなくても下がる人は?②

前回(コレステロールが高い!! どうなる? 薬を飲まなくても下がる人は?①)の続きです。

 

はじめに、

薬を飲まなくても下がる人というタイトルですが、過度な期待はしないでください。


まず、コレステロール値がどうして高くなるのかを知っておきましょう。大きく2つあります。

1つ目は、そんなこと言われなくても知っているという内容です。2つ目は、意外と知らない人がいる内容です。

 

1つ目

【コレステロール値が高くなる原因⑴】

 食べ物が原因

→これは誰でも知っていますよね(どんな食べ物かは今回は説明しません)。

 

2つ目

【コレステロール値が高くなる原因⑵】

 体の中でコレステロールが多くつくられる

→これは意外と知らない人が多いようです。コレステロールは、摂取して体内に入るのと体内で作られるのと、2つあるのです。

 

 


正常な人の場合、コレステロールが多い食品を摂取したら、体内のコレステロールは逆に多くつくられないように働くため、コレステロール値は高くなりにくいです(少し多く摂取しても数値は悪くなりにくい)。

 

ところが、コレステロールが多い食品を大量に摂取すると、体内のコレステロールは多くつくられなくてもコレステロール値は高くなりやすくなります。

 

 

もう一つ、次の内容が今回一番知ってもらいたい内容です。

その内容は、体内でコレステロールをたくさん作る体質の人がいる」

です。

 


 

まとめると、コレステロールは、

⑴食べて増える

⑵体内で作られて増える

 

⑴は本人が気をつければ何とかなります。

⑵はどうでしょう? もし作られるのが多い体質ならば、どうすることもできません

 

つまり、(食べ物を気をつけても)多く作られる体質ならば、薬を飲まない限り下がらないことがあるのです。

コレステロールが高い!! どうなる? 薬を飲まなくても下がる人は?① で説明したBさんがそれに該当します。つまり、薬を飲まなければコレステロールはずっと高いままで、将来心筋梗塞や脳梗塞発症のリスクが増えるのです。

 


では、コレステロールが作られるのが多い体質なのかどうかはどうやってわかるか?

調べるのはすごく簡単です。コレステロール値が高い人に食事運動療法をしてもらって下がるかどうかを見るだけです。

コレステロールが高い!! どうなる? 薬を飲まなくても下がる人は?① のBさんは、食事・運動療法をやっても下がらなかったので、コレステロールを作るのが多い体質だったのです。

 

 


以上より、

 

薬を飲まなくても下げられる人の答えは、

コレステロール値が高い原因=食べ物 である人

 

薬を飲まなければ下げられない人の答えは、

コレステロール値が高い原因=体内で多く作られる体質 である人

 

ということになります。

 


補足

体内でコレステロールが多く作られる体質は、遺伝であることがあります。

 

また、女性ホルモンには、コレステロールを多く作らないようにしてくれる作用があります

そのため、女性ホルモンが減少する年代になるとコレステロールを多く作る体質に変わってしまうことがあり、以前と同じ食生活なのにコレステロール値が高くなることがあります