HOME > 肥満・ダイエット外来

肥満・ダイエット外来

肥満・ダイエット外来希望の方へ

肥満・ダイエット外来のみ希望の場合は保険適応にはなりません

(現在の保険制度では、肥満診療のみで保険適応になるのは、色々な条件がついた場合のみだからです)。


保険適応になるのは、
「何らかの保険診療」と並行して肥満診療もする場合で、実際に金額が発生するのは「何らかの保険診療」の方のみで、その診療と並行して肥満診療をします。


例えば、

血圧の治療(保険)と平行して肥満診療もする、

コレステロールの治療(保険) と平行して肥満診療もする、

(何らかの)漢方治療(保険) と平行して肥満診療もする、

というような場合が保険適応になります。実際に肥満診療には金額が発生せず、血圧・コレステロール・漢方診療などの保険診療分のみ金額が発生します。

当院の肥満・ダイエット外来のコンセプトと特徴


●当院の肥満・ダイエット外来のコンセプト


当院のコンセプトは

「医学的根拠に基づくダイエット」

で、食事運動指導を中心に診療し、必要であれば漢方処方をしますが

食欲抑制剤は処方しません。


●当院の肥満・ダイエット外来の特徴


糖質制限や(極端な)カロリー制限はすすめず、バランスのよい食事療法に運動療法を併用させて効果が出るようにします。そのため、糖質制限や極端なカロリー制限をする場合のように早く効果を出すのは難しいですが、リバウンドしにくいのがメリットになります。

食事・運動療法をずっと完璧にやるのは困難ですので、 きちんとできない時期があってもかまいません。また、脂肪を1㎏落とすのはすごく大変なことです。長期的に無理のない食事・運動療法の指導をします。


●当院の肥満外来の適応にならない例


次のような場合は当院のコンセプトとは違うので、その方法を積極的に取り入れている医療機関への受診をすすめます。

・糖質制限ダイエットをしたい人

・○○ダイエット(○○には食べ物や飲み物の名前が入る)を実践したい人

・食事療法のみでやせたい人(運動療法をしたくない人)

・運動療法のみでやせたい人(食事療法をしたくない人)

・短期間で効果を出したい人

・食欲抑制剤を内服したい人

肥満がなくても適応になる人

❶脂肪を増やしたくない人❷体型を維持したい人
など、①②のどちらも何らかの保険診療をしていれば、保険診療内で指導いたします。

食事・運動指導を受けてもなかなか実行できないという方は多くいると思います。初めから完璧にやろうと思ってもなかなかできるものではなく、まずできることから焦らず無理なく行えるように指導いたします。改善すべきことをまず一つ実行し、次にまた違うところを改善させていく、という具合にできれば、成功する可能性が出てきます。

改善点の指導は外来来院の度に行います。医師コラムにも肥満・ダイエットの話を随時更新していきますので、参考にしてください。

食事・運動療法をやらないと…


5年後・10年後・20年後にツケ(足腰の衰え等で他人から介護される年齢が早くなる、心筋梗塞や脳梗塞を発症する等)が回る可能性が高まります。

食事・運動療法が早くから適切に実行できると


健康年齢が長くなることが期待できます。また、心筋梗塞や脳梗塞発症のリスクも減ります。

※初診来院時、最近1か月以内に(他院や健診などで)血液検査をしていない場合は、当院で血液検査をさせていただきます。その場合、食後3時間以上経ってから来院してください。他院で検査している場合は結果を持参してきてください。