HOME > 診療科目

一般内科・糖尿病・高血圧・脂質異常症の診療

一般内科

一般内科生活習慣病(高血圧・糖尿病・脂質異常症等)の診療を中心に行っています。

当院は、風邪を引かない体づくりに力を入れており、風邪やインフルエンザの来院患者様が少ないのが特徴です。

糖尿病

糖尿病糖尿病専門外来の長年の経験があり、食事・運動療法の指導は得意です。
自覚症状がないからといって治療をしないと、将来様々な合併症(しびれ、失明、腎不全→透析、足の壊疽→切断、心筋梗塞、脳梗塞等)を発症するリスクが増えます。

月1回の血液検査で血糖コントロールを評価し、食事・運動療法の指導や薬物療法を行います。HbA1c(ヘモグロビンエイワンシー)の検査は、約6分(院内)でできます。

高血圧症

高血圧症糖尿病や脂質異常症と同様に、放置すると狭心症・心筋梗塞・脳梗塞の発症リスクが高くなります。

食事・運動療法・薬物療法で治療します。血圧を下げる薬は西洋薬になりますが、高血圧に伴う症状(頭痛・めまい・のぼせ・赤ら顔等)に対しては漢方薬で改善することがよくあります。

脂質異常症(高脂血症)

脂質異常症(高脂血症) ❶悪いコレステロール(悪玉コレステロール=LDLコレステロール)が多い場合
❷良いコレステロール(善玉コレステロール=HDLコレステロール)が少ない場合
❸中性脂肪(トリグリセリド=TG)が多い場合


❶〜❸を脂質異常症(高脂血症)といいます。

自覚症状がないからといって放置すると、将来の心筋梗塞や脳梗塞発症のリスクが増えます。
食事・運動療法・薬物療法で治療します。