インフルエンザ予防注射③(ワクチンの効く期間・その他)

ワクチンは、すぐには効きません。抗体量だけでなく、効く期間にも個人差があると考えられています。効き始める(抗体ができ始める)のは1~2週間です。1か月ほど経つとピーク(抗体が一番多くなる)に近くなり、このピークは数か月続き、半年(6か月)位でほぼ効果がなくなります。

インフルエンザは、年内にも流行することがありますが、本格的に流行するのは、年が明けてからのことが多いです。流行する時期に抗体をピークにするのが望ましいですが、そう考えるといつ頃接種するのが良いでしょう? 逆算すると、12月上旬頃までにワクチン接種を済ませるのが良いと考えられます。

 

他のワクチン(はしか・風疹・おたふくかぜ・水疱瘡)は、インフルエンザワクチンとどこが違うでしょうか?  次の様になります。

ワクチンの強さは?

インフルエンザワクチン→インフルエンザをうんと弱くしたもの

はしか・風疹・おたふくかぜ・水疱瘡のワクチン→うんと弱くしたものよりは強いもの

 

抗体(ウイルスをやっつけるもの)の強さは?

インフルエンザワクチン→強さ抗体(ウイルスをやっつけるもの)の強さは不十分なので、発症はするけど軽くすむ

はしか・風疹・おたふくかぜ・水疱瘡のワクチン→非常に強く、抗体がウイルスを完璧にやっつけてくれるので発症しない(一部例外あり)

 

効く期間

インフルエンザワクチン→約半年なので毎年予防注射をする必要あり

はしか・風疹・おたふくかぜ・水疱瘡のワクチン→一生効くので発症しない(一部例外あり)